「取引ツール」でおすすめの海外FX業者

man
「海外FX業者の取引ツールは、何を使えば良いのですか?」
「取引ツールでおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「取引ツールで海外FX業者を比較するポイントはどこですか?」

FXトレードでは「取引ツール」が非常に重要なポイントになります。「取引ツール」によって、できるトレードスタイル・トレード戦略が変わってしまうからです。これは、国内FXでも、海外FXでも、同様です。今回は「取引ツール」でおすすめの海外FX業者を解説します。

「取引ツール」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

1.基本的には「MT4・MT5(メタトレーダー)」を選ぶ

海外FXで利用できる取引ツールには、代表的なもので

  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)
  • cTrader(シートレーダー)
  • CURRENEX(カリネックス)

などがありますが、

基本的には

「MT4(メタトレーダー4)」もしくは、その後継機である「MT5(メタトレーダー5)」をおすすめします。

1.基本的には「MT4・MT5(メタトレーダー)」を選ぶ

「MT4・MT5(メタトレーダー)」をおすすめする理由

  • ソフトが軽快に動く
  • ほとんどの海外FX業者で使える
  • 情報量が多い(書籍やトレード情報、ブログ、SNS、セミナー)
  • 数千、数万というテクニカル分析・インジケーターを利用可能
  • 自動売買も可能

MT4・MT5(メタトレーダー)であれば、9割以上の海外FX業者が採用しているため、海外FX業者を比較検討するときに取引ツールが障壁にならないのです。

また、世界中の投資家が使っている取引ツールであるため、機能性も高く、数万を超えるインジケーターやEA(自動売買ストラテジー)があるため、トレードの選択肢は無限にあることになります。

初心者から上級者まで「MT4・MT5(メタトレーダー)」であれば、幅広い選択肢の中でトレードが可能になります。

「MT4(メタトレーダー4)」と「MT5(メタトレーダー5)」はどちらがおすすめ?

「MT4(メタトレーダー4)」のメリット
  • 軽快な動き
  • インジケーターの数が多い
  • EAの数が多い
  • 採用している海外FX業者が多い
「MT5(メタトレーダー5)のメリット
  • 機能がMT4よりも増えている(時間足の数、板情報の表示)

ので「MT4(メタトレーダー4)」の方が使いやすいのでおすすめですが、最近では「MT5(メタトレーダー5)」も、インジケーターやEAの数も増え、採用している海外FX業者も増えているので、「MT4(メタトレーダー4)」と遜色なく利用することが可能となっています。

2.「MT4・MT5(メタトレーダー)」の機能強化ツールがある海外FX業者を選ぶ

MT4・MT5(メタトレーダー)の機能強化ツールを提供している海外FX業者があります。システム開発会社の機能強化ツール(インジケーター)を海外FX業者が利用料を支払って、顧客へ提供しているのです。また、海外FX業者の自社開発のインジケーターのケースもあります。

機能強化ツールの例

機能強化ツールの例
  • ストライク インジケータ
  • 日本時間表示インジケータ
  • 板情報表示インジケータ
  • アラームマネージャー(ALARM MANAGER)
  • 接続(CONNECT)
  • 相関行列(CORRELATION MATRIX)
  • 相関トレーダー(CORRELATION TRADER)
  • Excel RTD
  • マーケットマネージャー(MARKET MANAGER)
  • ミニターミナル(MINI TERMINAL)
  • センチメントトレーダー(SENTIMENT TRADER)
  • セッションマップ(SESSION MAP)
  • ステルス注文(STEALTH ORDERS)
  • ティックチャートトレーダー(TICK CHART TRADER)
  • トレードターミナル(TRADE TERMINAL)
  • ミニチャート(Mini chart)
  • ピボットポイント(Pivot Points)
  • 高低(Highs and Lows)
  • 蓮子棒(Renko bars)
  • グラフグループ(Chart Group)
  • シンボル情報(Symbol Info)
  • 重力(Gravity)
  • チャートインチャート(Chart-in-Chart)
  • 拡大鏡(Magnifier)
  • 注文履歴(Order History)
  • フリーハンド描画(Freehand Drawing)
  • バーチェンジャー(Bar Changer)
  • ケルトナーチャンネル(Keltner Channel)
  • ドンチャンチャンネル(Donchian Channel)
  • キャンドルカウントダウン(Candle Countdown)
トレンドを即座にキャッチするようなツールから、アラームやフリーハンド描写、注文の管理、市場の強弱の把握、エクセルとの連携、日本時間表示まで、様々な機能強化ツールが提供されています。

その海外FX業者の口座を開設していないと利用できないので、機能強化ツールを使いたい場合は、提供している海外FX業者を利用する必要があります。

3.オートチャーティストがおすすめ

オートチャーティストとは

自動的にチャートパターンを検知して、今後の為替変動を予想してくれる分析ツールのこと

を言います。

オートチャーティストは

数万回という検出したチャートパターンの予想勝率が65%前後

と「高い勝率を誇る予想ツール」です。

オートチャーティストとは オートチャーティストとは
チャートパターン分析でトレードしない投資家であっても、ご自身のトレード戦略に、チャートパターンを加えることで、より精度の高いトレードが可能になります。

海外FX業者の中でも、おすすめの分析ツールです。

「取引ツール」でおすすめの海外FX業者

結論

「取引ツール」でおすすめの海外FX業者は

HotForex

口座の種類マイクロ口座/STPプレミアム口座/STPZERO口座/STPAUTO口座/STPHFCOPY口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.600.000.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.001.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.701.700.201.701.70
最大レバレッジ1000倍500倍500倍500倍400倍
約定力
最低入金額500円相当1万円相当2万円相当2万円相当5万円相当

HotForexは

HotForex
  • MT4(メタトレーダー4)
  • MT5(メタトレーダー5)

が使えて

  • 機能強化ツール
  • オートチャーティスト

も利用できる海外FX業者です。

さらに

  • 独自のコピートレードプラットフォーム

もあるため、コピートレードを検討している方も利用できる取引ツールの充実度です。

取引ツールでは、圧倒的におすすめできる海外FX業者です。

次点は

AXIORY

「axiory_sum_mini]

です。

AXIORYは

  • MT4(メタトレーダー4)

が使えて

  • 機能強化ツール
  • オートチャーティスト

も利用できる海外FX業者です。

MT5(メタトレーダー5)は使えませんが「スプレッドの狭さ」「約定力の高さ」も踏まえれば、HotForexよりもおすすめできる海外FX業者です。MT5(メタトレーダー5)でなくても、構わない方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA