「入金・出金」でおすすめの海外FX業者

man
「海外FX業者の入金・出金の現状を教えてください。」
「入金でおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「出金でおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「入金・出金で海外FX業者を比較するポイントはどこですか?」

海外FX業者を選ぶ重要なポイントとして「入金・出金」という要素があります。多くの日本人投資家は、日本の銀行口座資産管理をしていると思われます。日本の銀行口座で資産を管理しているのですから、海外FXトレードで儲けが出たら、なんらかの方法で海外FX口座から日本の銀行口座へ送金する必要性が出てきます。スムーズに出金できない海外FX業者を使ってしまうと、着金までに1週間以上かかる、送金手数料が数千円かかる、など無駄なコストや時間がかかってしまうのです。今回は「入金・出金」でおすすめの海外FX業者を解説します。

「入金・出金」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

1.「入金」よりも「出金」が大事

基本的に海外FX業者は「口座に入金して欲しい」と考えるため、

  • 入金方法は多くの方法が用意されている
  • 入金手数料は無料

という設定が多いです。

入金してもらえないと、トレードもしてもらえないのですから、当然のように海外FX業者は入金のハードルは下げるのです。

一方で「出金されるとトレードされなくなってしまう」「出金時の方が金融庁などの監視が強い」「受取銀行が断るケースもある」という事情があるため

  • 出金方法は限られている
  • 出金手数料が発生するものも多い

というのが現状です。

つまり、「入金・出金」で海外FX業者を比較検討する場合は、入金方法よりも、出金方法で比較する方が良いということになります。

  • 出金方法が豊富
  • 出金時の手数料が安い
  • 着金までのスピードが早い

海外FX業者の方が、資産管理の上で有用ということになります。

2.おすすめの出金方法は「国内銀行送金」と「bitwallet」

「国内銀行送金」による出金とは?

海外FX業者が日本に銀行口座を持つ送金事業者を利用して

  • 送金事業者の日本の銀行口座 → 投資家の日本の銀行口座 へ振込

という形で出金してくれるのです。

国内銀行同士の振込は、手数料も数百円ですので、海外FX業者が負担して、投資家は手数料無料で出金できるものが多いです。しかも、国内銀行同士の送金ですから、1営業日で口座に反映されるメリットもあります。

ネックは、送金事業者も、金融庁に目をつけられているため、「国内銀行送金」を利用できる海外FX業者は少ないという点です。

「bitwallet」による出金とは?

「bitwallet」は、シンガポールの会社が運営する、国際決済サービスです。

  • 海外FX口座 → bitwallet → 日本の銀行口座

という流れで出金しますが

  • 海外FX口座 → bitwallet :無料
  • bitwallet → 日本の銀行口座 :824円

という格安のコストで出金できるメリットがあります。

また、bitwalletを海外FXの資産管理口座としておけば、

  • bitwallet → 海外FX口座 :無料
  • 海外FX口座 → bitwallet :無料

という入金・出金は無料でできるため、コストをかけずに、海外FX資金の出し入れが可能になるのです。

「国内銀行送金」と比較すると「bitwallet」の方が導入している海外FX業者も多く使いやすいメリットがあります。
「bitwallet」の競合サービスに「STICPAY」がありますが、「STICPAY」の方が日本の銀行への出金手数料が割高のため、おすすめできません。

「国内銀行送金」と「bitwallet」のどちらかが利用できる海外FX業者がおすすめです。

3.「海外送金」もある海外FX業者が安全

海外送金というのは

  • 海外FX業者が使っている海外の銀行口座 → 投資家の日本の銀行口座

へ、銀行同士が国をまたいで送金するときに使われる出金方法です。

「海外送金」の場合は、1回3,000円程度の手数料が発生します。リフティングチャージと受取銀行側の被仕向送金手数料です。

コスト的には高いため、日常的に海外送金で出金することはおすすめしませんが

  • 「海外送金」ができるということは、安全な海外銀行を使っているということ
  • 「国内銀行送金」と「bitwallet」よりは、なくなる可能性が低い出金方法

というメリットがあります。

「国内銀行送金」は、送金事業者が金融庁にマークされてしまえば、すぐに利用できなくなりますし、「bitwallet」も日本の金融庁の登録なしで営業している国際決済サービスですので、以前のNETELLERのように金融庁のマークがきつくなれば、利用できなくなってしまうことになるのです。

金融庁も、海外FX業者の金融監督庁に圧力をかけるよりも、海外FX業者の送金を受け取る日本の銀行に圧力をかける方がやりやすく、海外FX業者の日本の銀行への出金方法はつぶされることも少なくないのです。

そうなると、海外FX口座からの出金の手立てがなくなってしまうため、いざという時には多少手数料が発生しても「海外送金」による出金の選択肢がある海外FX業者の方が安全なのです。

「入金・出金」でおすすめの海外FX業者

結論

「入金・出金」でおすすめの海外FX業者は

AXIORY

口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

です。

AXIORYの利用できる出金方法は

AXIORY
  • 海外送金
  • 国内銀行送金
  • STICPAY

があり、国内銀行送金を利用すれば

  • 2万円以上は手数料無料
  • 1営業日で判定

で出金が可能です。

いざという時には「海外送金」による出金も可能ですので、「入金・出金」でおすすめできる海外FX業者と言えます。

次点としてはTitanFXをおすすめします。

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

です。

TitanFXの出金方法には

TitanFX
  • 国内銀行送金
  • bitwallet
  • STICPAY

があります。

、国内銀行送金を利用すれば

  • 1万円以上は手数料無料
  • 2~3営業日で判定

で出金が可能です。若干AXIORYの国内銀行送金よりも、出金に時間がかかるデメリットがありますが、「bitwallet」と「国内銀行送金」の両方が使えるメリットがあります。

ただし、通常の「海外銀行送金」は利用できません。

どちらも、出金方法が豊富で、日常的な出金は手数料無料で出金が可能ですし、複数の出金方法が確保されているため、すぐに出金方法がどれも使えなくなることもありません。自信を持っておすすめできる「入金・出金」でおすすめの海外FX業者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です