「日本語対応」でおすすめの海外FX業者

teacher
「海外FX業者の日本語対応の現状を教えてください。」
「日本語対応でおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「日本語対応で海外FX業者を比較するポイントはどこですか?」

海外FX業者を選ぶ重要なポイントとして「日本語対応」という要素があります。日本人向けにサービス展開している海外FX業者には、日本語のウェブサイトがあり、日本人スタッフがいて、日本語でサポート対応してもらえる業者が多いのですが、その日本語対応にも、レベル差があります。英語が話せない、日本語だけでトレードをしたい方には「日本語対応」でおすすめの海外FX業者を見つける必要があります。今回は「日本語対応」でおすすめの海外FX業者を解説します。

「日本語対応」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

「日本語対応」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

1.日本語対応が必要となるのは「サポート」

日本語対応が必要なものとしては

  • ウェブサイト
  • ウェブサイトのマイページ(ログイン後の画面)
  • 規約
  • 入金、出金ページ
  • サポート対応(電話、メール、チャット)
  • トレードプラットフォーム
  • トレード情報(アナリストレポート、トレードシグナル、マーケットレポート)
  • ウェビナー

などがありますが、一番重要なのは

  • 操作ができなかったときに操作方法を聞く
  • 使い方の不明点があったときにやり方を聞く
  • サービスの詳細情報を聞く
  • ボーナスの利用条件を聞く
  • 口座凍結に関する解除を依頼する

ときに対応してくれる「日本語サポート」ではないでしょうか。

いざ困ったときに日本語で質問・相談ができる「日本語サポート」がしっかりしていれば、それ以外の要素は、英語が混じっていても、ある程度は、対応が可能だからです。

日本語サポートで海外FX業者を選ぶとしたら、重要なポイントは

  1. 日本人スタッフが対応してくれる
  2. 平日24時間対応してくれる
  3. チャットで対応してくれる

という点が挙げられます。

日本人スタッフが対応してくれる

まれに日本語が話せる外国人がサポートスタッフとして対応してくれることもあるのですが、日本語が話せるといっても、流暢に話せるわけでもなく、対応の力も、おもてなしが自然とできる日本人には遠く及ばないのです。

日本人のスタッフが対応してくれる海外FX業者がおすすめです。
平日24時間対応してくれる

FXトレードでは、基本的にはニューヨーク市場の時間帯(日本時間23:30~翌日6:00、サマータイム22:30~翌日5:00)が一番取引が活発になります。

この時間帯にサポートに聞きたいことが発生する可能性が高く、平日は24時間対応でないと、早期解決はできないのです。

また、日本人スタッフが1人、2人しかいない海外FX業者の場合、平日24時間サポート対応してくれても、18時以降は外国人しか対応してくれないということも少なくありません。

おすすめなのは、複数の日本人スタッフがいて、平日24時間365日対応してくれることです。
チャット問い合わせの可否

最近では、多くの海外FX業者が「チャット問い合わせ」を採用しています。

LINEのようにメッセージを打ち込むだけで、質問に答えてくれるので、わざわざ電話で話す必要もなく、かりに日本人スタッフが不在であっても、google翻訳で英語に変換する余裕もあるため、ストレスを感じずに問い合わせが可能になります。

チャット問い合わせを導入している海外FX業者をおすすめします。

2.日本人スタッフの人数が多い海外FX業者がおすすめ

重要なポイントに

「日本人スタッフの人数」

という要素があります。

日本人スタッフの人数が1名、2名の時には、いろいろな不具合が発生します。

日本人スタッフの人数が1名、2名と少ないことで起こるトラブル

  • サポートに連絡しても、外国人スタッフの対応になる(外国人スタッフは普通に英語で話してきます。)
  • 日本人スタッフが辞めると、いきなり日本語サポートがなくなる
  • 日本語に翻訳する人が少なくなり、サイトの大部分が英語のままになる
  • 海外FX業者が日本市場から撤退する可能性が高くなる

日本人スタッフの人数は多ければ多いほど、安心して、日本語でトレードができるのです。

日本人スタッフの人数は、ウェブサイト上に明記されないことが多いのですが、オフィスの紹介写真などで推測することも、サポートにそれとなく聞いて確認することもできます。

できるだけ日本人スタッフの人数が多い海外FX業者をおすすめします。

3.日本人投資家が多く使っている海外FX業者がおすすめ

「日本人投資家の多くが使っている海外FX業者」というのは、「日本人でも不足なく利用できる海外FX業者」と言って過言ではありません。

また、多くの日本人投資家が使っている海外FX業者ほど

  • 日本市場から撤退する可能性が低い
  • 日本のウェブサイト(ブログやSNS)で情報が多く出回る
  • 日本人スタッフを多く雇用できる
  • 日本語対応に多くの予算を避ける
  • 海外FX業者のウェブサイトの多くのコンテンツが日本語対応する

というメリットがあり、

日本人が日本語だけで使いやすいことがある意味「証明されている」ことになるのです。

日本語対応で海外FX業者を選ぶのであれば、日本人投資家の多い海外FX業者をおすすめします。

「日本語対応」でおすすめの海外FX業者

「日本語対応」でおすすめの海外FX業者

結論

「日本語対応」でおすすめの海外FX業者は

XMTrading

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.50
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額500円相当

です。

  • 日本人投資家がもっとも多く利用している海外FX業者(推定:50万口座以上)
  • 日本人スタッフの人数も20名以上
  • 日本語サポートは、チャット問い合わせ可能
  • ウェビナーやトレードシグナルなどの情報コンテンツも日本語
  • 平日24時間の日本語対応が可能

と、日本語対応では、圧倒的な信頼感がある海外FX業者となっています。

だからこそ、日本人投資家が一番多く利用している海外FX業者となっているのです。

日本語対応できていないのは、法律が絡んできて、修正が多い、利用規約の部分のみです。

次点で選ぶのであれば

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

です。

  • 日本人投資家の多い海外FX業者
  • 数名の日本人スタッフが在籍(オーストラリアに会社があるため、現地の日本人も多く雇用しやすい)
  • 日本語サポートは、チャット問い合わせ可能
  • 平日24時間の日本語対応が可能

となっています。

XMTradingには及びませんが、XMTradingよりもスプレッドが狭く、約定力も高いため、TitanFXを選ぶ日本人投資家も多いのが現状です。サービスレベルも意識したうえで、日本語対応がしっかりしている海外FX業者を選ぶのであれば、TitanFXがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です