「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者

man
「海外FX業者の教育コンテンツの現状を教えてください。」
「教育コンテンツでおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「教育コンテンツで海外FX業者を比較するポイントはどこですか?」

海外FX業者は、FXトレードを学ぶためのコンテンツ「教育コンテンツ」を提供している業者が少なくありません。海外FX業者の収益は、取引量ですので、取引量を増やすためには投資家に儲けてもらう必要があるため、トレードスキルを上げるための教育コンテンツは、重要な要素となっているのです。という要素があります。では、教育コンテンツにはどんなものがあるのでしょうか?今回は「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者を解説します。

「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

1.海外FX業者の「教育コンテンツ」は、それほど重要視する必要はない

海外FX業者が提供する「教育コンテンツ」には

  • FXトレードの基礎知識
  • FXトレードの上級者向け知識(テクニカル分析のやり方)
  • ウェビナー
  • ビデオレッスン
  • 取引ツールの使い方マニュアル、動画
  • トレードプラットフォームの使い方マニュアル、動画
  • テクニカル分析レポート
  • ファンダメンタルズ分析レポート
  • 経済ニュース
  • 経済トピック
  • 取引シグナル
  • 経済カレンダー

など、様々なものがあります。

しかし、海外FX業者の場合は

  • 日本人スタッフの数が限られている(多くても、10名程度)
  • 世界各国の投資家が顧客なので、日本だけにリソース・予算をかけられない
  • 英語でリリースされているものも多く、日本語対応していないものも多い

という事情があり、

正直に言えば

日本人投資家の場合、あえて教育コンテンツを海外FX業者の教育コンテンツに頼る必要はない

のです。

  • 日本国内のFX業者の提供する情報、セミナー
  • 日本のFXに関する書籍
  • 日本の有名FX投資家の書籍、ブログ、twitter、Youtube、オンラインサロン

の方が情報量が多く、日本語対応も当然完璧で、選択肢も多いため、海外FX業者の予算が限られている中の教育コンテンツよりも、何倍もトレードスキルの向上に役立つのです。

だとすれば、情報収集は、国内FX業者に任せて

  • トレード → 海外FX業者
  • 情報収集 → 国内FX業者

という使い分けも有効になります。

2.海外FX業者の教育コンテンツでも重宝するのは「テクニカル分析レポート」「トレードシグナル」

前述したように基本的には、海外FX業者の教育コンテンツに重要性のあるものは少ないのですが、

役立つものとしては

  • テクニカル分析レポート
  • ファンダメンタルズ分析レポート
  • 取引シグナル

と言った、外国のアナリストが作成した分析レポートや取引シグナルです。

海外FX業者の場合、外部のアナリスト、社内のアナリストなどに分析レポートを作成させ、ウェブサイト上で配信しているケースが多いです。

日本のアナリストとは

  • トレードする時間が異なる
  • 分析する通貨ペア、商品が異なる
  • 使っているテクニカル分析が異なる
  • テクニカル分析に関する見解が異なる

ため、「トレードの選択肢を広げる」という意味では、役立つ面も大きいのです。

日本国内の情報では、お目にかかれない分析レポートは、トレードスキルを上げるための一つの要素になりうるのです。
teacher
「テクニカル分析レポート」「トレードシグナル」は、リアル口座を開設していれば絵、トレードしなくても、閲覧できるものが多いので、興味がある方は、複数の海外FX口座を開設してチェックしておくと良いでしょう。

3.「テクニカル分析レポート」「トレードシグナル」は、毎日配信しているもの、分析チャートがあるものを選ぶ

「テクニカル分析レポート」「トレードシグナル」が週一回、月一回の配信だと、日常的にチェックできるようなコンテンツとは言えません。

毎日配信されている「テクニカル分析レポート」「トレードシグナル」をチェックすべきです。

また、文章だけのテクニカル分析レポートだと

  • 何がどうなるのか?
  • いつエントリーすべきか?
  • 今後の為替推移はどうなるのか?

「具体的にどうすれば良いのか?」が見えてきません。

文章だけのテクニカル分析レポート、トレードシグナルではなく、チャート画像がある分析で、チャート画像に分析や今後の為替変動の予測が記入されたものを選ぶことをおすすめします。

「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者

「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者

結論

「教育コンテンツ」でおすすめの海外FX業者は

XMTrading

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.50
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額500円相当

です。

提供している教育コンテンツには

  • 取引シグナル

があります。

毎日、午前、午後で

XM
  • EUR/USD
  • GBP/JPY
  • USD/JPY
  • GOLD
  • US30
  • GBP/USD
  • EUR/JPY
  • AUD/USD
  • OIL
  • NIKKEI(JP225)

10商品に関する分析がされていて

XM
  • トレンドの方向
  • 市場参加者の動向
  • サポートライン、レジスタンスライン
  • 見解
  • エントリーすべき方向と時間軸
  • エントリー価格
  • 利確価格 × 2
  • 損切価格

という情報をテクニカル分析のチャートに合わせて、記載されています。

「毎日のトレードの参考にする」という意味で活用しやすい教育コンテンツとなっています。

また、上記以外にも

  • デイリーマーケット分析ビデオ
  • 日本人講師によるFXウェビナー
  • プラットフォームチュートリアル

などもあり、教育コンテンツが充実した海外FX業者としておすすめです。

次点は

FBS

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.00
最大レバレッジ3000倍
約定力95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行
最低入金額1万円相当

をおすすめします。

FBSのテクニカル分析レポートも

  • デイリー更新
  • チャート分析を含めた内容

になっているため、使い勝手の良い教育コンテンツと言えます。

FBS FBS

若干、日本語が微妙なことは否めませんが、チャート画像があるため、十分に伝わる内容となっています。

FBSは、テクニカル分析レポート以外にも

  • デイリーマーケット分析ビデオ
  • 経済ニュース
  • マニュアルビデオ
  • ウェビナー

なども、用意されており、教育コンテンツが充実した海外FX業者としておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です