「信頼性・安全」でおすすめの海外FX業者

man
「信頼性・安全をしたい場合は、どの海外FX業者を使えば良いのですか?」
「信頼性・安全でおすすめの海外FX業者はどこですか?」
「信頼性・安全で海外FX業者を比較するポイントはどこですか?」

FXトレードでは、外国為替が取引の対象となりますが、海外FX業者は外国為替以外の取引商品を用意しています。貴金属、エネルギー、先物商品、外国株、株価指数、仮想通貨、債権などです。これらの外国為替以外の取引商品での差金決済取引のことを「信頼性・安全」と言います。今回は「信頼性・安全」でおすすめの海外FX業者を解説します。

「信頼性・安全」でおすすめの海外FX業者を選ぶポイント

1.金融ラインセンスの質、内容で海外FX業者を選ぶ

海外FX業者は、外国に会社を設立し、日本人投資家へサービス提供しています。

ある程度の規模の国であれば、日本の金融庁のように「金融監督庁」が設置されていて、金融監督庁への登録・許可がないと営業ができない仕組みになっています。金融監督庁の登録許可は、国によってことなりますが、資金力や運営体制、法的な問題などがチェックされ、数年ごとにライセンスは更新される仕組みなっています。

一方で、小国の場合は、金融監督庁がないことも多く、国際会社としての法人登記で金融業の営業が可能になります。法人登記での営業は、金融監督庁のような監査・チェックがほとんどないことも多く、信頼性は落ちるのです。

しかし、主要な国の金融監督庁は、日本の金融庁の圧力によって、海外FX業者にライセンスを取らせない形になっているのが現状です。そのため、世界的に大手の海外FX業者も、日本人投資家向けにはマイナーな国に子会社を作って、その子会社が日本人投資家にサービス提供する形をとっています。

「信頼性・安全」の順番で言えば

  1. 主要な国の金融ライセンスを持っている海外FX業者 → 現在は、ほとんどない
  2. 親会社、グループ会社が主要な国の金融ライセンスを持っていて、日本人投資家向けの子会社はマイナーな国の金融ライセンスを持っている
  3. マイナーな国の金融ライセンスを持っている海外FX業者
  4. 親会社、グループ会社が主要な国の金融ライセンスを持っていて、日本人投資家向けの子会社は法人登記のみ
  5. 法人登記のみの海外FX業者

となります。

2.企業としての安定性で選ぶ

海外FX業者も企業であり、日本人投資家が最も損失を被るのは「倒産してしまうこと」です。「日本市場の撤退」であれば、会社は残るので、出金までは面倒見てくれるため、大きな損害にはなりません。

倒産しにくい企業というのは

  • 事業歴が長いこと
  • 社員数が多いこと
  • 顧客数が多いこと
  • 情報開示がきちんとしていること
  • 監査法人を入れていること

という特徴があります。

海外FX業者であっても

  • 事業歴が10年以上あること
  • 社員数がグループ全体で100名を超えていること
  • 顧客数が10万人以上いること
  • 情報開示がきちんとしていること(売上・利益・顧客数・スプレッド・スリッページなど)
  • 監査法人を入れていること
上記の条件をクリアしていれば、なかなか倒産することはありません。倒産しないのであれば、安心して、長く利用し続けられる海外FX業者ということです。

3.「信託保全」「紛争解決スキーム」を導入していること

「信託保全」 → 万が一、海外FX業者が倒産しても、顧客の資金が返還される仕組み
「紛争解決スキーム」 → 万が一、顧客(投資家)がサービスに不満があって、海外FX業者とクレームを入れても、解決しない場合に、第三者機関が解決してくれる仕組み

「信託保全」「紛争解決スキーム」を導入しようとすると、それなりにコストが発生するため、多くの海外FX業者は導入していないのです。

コストが発生しても、「信託保全」「紛争解決スキーム」を導入するということは、それだけ顧客満足度に力を入れている証拠でもあるのです。信頼性の高い海外FX業者と言えます。

「信頼性・安全」でおすすめの海外FX業者

結論

「信頼性・安全」でおすすめの海外FX業者は

AXIORY

口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

AXIORYは

  • 金融ライセンス → ベリーズIFSC ○
  • 事業歴が10年以上あること → 2007年設立 ○
  • 社員数がグループ全体で100名を超えていること → 不明 △
  • 顧客数が10万人以上いること → ○
  • 情報開示がきちんとしていること(売上・利益・顧客数・スプレッド・スリッページなど) → 〇
  • 監査法人を入れていること → ○
  • 信託保全 → 完全信託保全 ○
  • 紛争解決スキーム → The Financial Commission ○
  • 出金トラブル → なし ○

と、開示されていない社員数以外は、十分に信頼できる基準をクリアしている海外FX業者です。

AXIORYであれば、海外FXに不安を感じる海外FX初心者でも、信頼してトレードができるはずです。

次点は

XMTradingです。

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.50
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額500円相当

XMTradingは

  • 金融ライセンス → セーシェル金融庁(FSA) ○
  • 事業歴が10年以上あること → 2006年設立 ○
  • 社員数がグループ全体で100名を超えていること → ○
  • 顧客数が10万人以上いること → ○
  • 情報開示がきちんとしていること(売上・利益・顧客数・スプレッド・スリッページなど) → ×
  • 監査法人を入れていること → ○
  • 信託保全 → 倒産補償の保険による信託保全 △
  • 紛争解決スキーム → ×
  • 出金トラブル → なし ○

と、AXIORYよりは落ちるものの、日本では50万人以上が利用している海外FX業者であり、世界展開している大企業でもあるのです。企業規模という面では、十分に安心して利用できる海外FX業者となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です